干支壁紙2022

毎年恒例、スマホ用干支壁紙が完成いたしました。
昨年に引き続き、できるだけ描きおろしに挑戦、12年前に描いたイラストから、顔の輪郭としっぽだけ流用しました。

今年もおそろいのホーム画面用壁紙を取り揃えております。
サンプルはグリーンですが、ブルーバージョンもありますので、よろしければセットでお使いください。

なお、毎度のことながら、iPhone向けで作ってはいるものの、すべての機種は手元にないため、実機確認はしておりません。
また今年は力尽きて、iPhone Plus用は作成しませんでした。
もし、不具合やご要望などありましたら、お知らせください。

ホーム画面用壁紙は、アイコンの数や位置によって、鳥と花が隠れんぼ状態になりますが、そのあたりは適宜調整もしくはご容赦くださいませ。

ダウンロードはこちらから

※画像をつまむようにすると視差効果がオフになり、画面幅ぴったりに設定できます。

毎年の年賀状イラストは、こちらにアップしています。

干支壁紙2021

毎年恒例、スマホ用干支壁紙が完成いたしました。
ここ数年、過去に描いた干支イラストの転用(=手抜き)でごまかしてきましたが、今年は久々の描きおろしとなりました。

昨年、初登場したおそろいのホーム画面用壁紙は、今年も作ってみました。
サンプルはグリーンですが、ネイビーバージョンもありますので、よろしければセットでお使いください。

なお、毎度のことながら、iPhone向けで作ってはいるものの、Plusや最新機種は手元にないため、実機で確認しておりません。
なにか不具合ありましたら、お知らせください。

また、ホーム画面用壁紙は、アイコンの数や位置によって、鳥たちが隠れんぼ状態になってしまうかと思いますが、そのあたりは適宜調整してください。

ダウンロードはこちらから

※画像をつまむようにすると視差効果がオフになり、画面幅ぴったりに設定できます。

食材お取り寄せ

途中まで書きかけて、そのままアップするのを忘れていました。
おこもり期間中のネットショッピング・ダンナ編。
すべて5月に届いたものです。
あくまでもダンナの趣味嗜好によるセレクトとなっています。

まずは北海道の蟹。
なぜか急にとりつかれたように蟹を欲しがり、ある日ゆで蟹が届きました。
やっぱり蟹が届くと、テンションが上がりますな。

次は、トマトと枝豆。
いずれも静岡の川村農園のもの。

トマトの入っていた箱が、とてもかわいかった!
もうこれだけで、川村農園のファンになりそう。
もちろん、トマトも枝豆もおいしかったです。

次は、大阪から551蓬莱のセット。
豚まん、焼売、エビ焼売の詰め合わせ。
家の中でも豚まんの香りが強く漂うので、そりゃあ、新幹線の中はなおさらよね、と思いました。
でも久々に食べるとやっぱりおいしい。

その次は、山梨から届いたヤングコーン。
なぜヤングコーンなのか、いまだに謎ですが、これもある日とりつかれたようにヤングコーンを欲しがり、届いたのがこちら。
「甘々娘」という品種です。

皮をむくと、こんな感じ。
想像以上に長髪。

散髪を済ませると、見覚えのある姿が。

ちなみにヒゲは大量にとれるのですが、汁物、炒め物などにして食べることができます。
もちろんコーン本体もおいしかった。
ヤングコーンって、こんなに歯ごたえも味もしっかりあるものなのだと、認識を改めました。

ふだん、仕事で留守にしていると、平日はなかなかクール宅急便を受け取れないので、こういった食材お取り寄せは、おこもり中ならでは。
まだ他にも、ダンナが注文したものがあるようなので、到着を楽しみに待ちたいと思います。

ベーグルにハマる

今年はベーグルがマイブームです。
今までもベーグル屋さんがあれば立ち寄るくらいの興味関心はありましたが、わざわざ買いに行ったり、並んだりするほどではないなぁと思ってました。
それが、今年はわざわざ買いに行ったり、並んだりしています。
そうは言っても、今はあちこちのベーグル屋さんを訪ねられる状況ではないので、制覇できたお店はたったの2つ。

ひとつめは、白金高輪の「マルイチベーグル」。
ニューヨークのエッサベーグルの手法で作られた、もちもちのベーグルで知られるお店。
たぶんベーグル好きな人にとっては有名なエピソードなのですが、オーナーの稲木さんがお店を立ち上げるまでのストーリーが、たまたま英会話のテキストに載っていて、どうしても行きたくなって訪ねたのが1月上旬の週末。

ベーグルのためだけに、勢いで白金高輪まで行ったものの、ちゃんと調べておかなかったので、お店はまだ年末年始のお休み中でした。
でも私以外にも、お店の入り口の貼り紙を見て残念そうに去る人たちが数組はいて、人気の高さが伺えました。

リベンジで、次に訪ねたのが1月の下旬。
小さなお店の中と外には、ベーグルを求める人がたくさん!
いろいろな種類のベーグルに目移りしながら、買ったベーグルはこちら。

RICE、BLUEBERRY、SEVEN GRAIN HONEY FIG、WHOLE WHEATなど6種類。
どのベーグルもとにかく生地がむっちり、もっちり。
特に米粉でできている真ん中のRICEは、お餅のようにもっちもちで、もはや何を食べているのわからないほど、衝撃の食感と美味しさでした。

さらにこのお店のベーグルサンドは、ビッグマックも霞むくらいの厚みとボリューム。
一緒に行ったダンナ用に卵サンドを買ったのですが、写真を撮る前にダンナがたいらげてしまったので、ご興味のある方は、ぜひお店のサイトや他の方のブログなどを見ていただきたいです。

今までのベーグルの概念が完全に覆るようなベーグル。
できれば通い詰めたいところですが、あいにく白金高輪までは若干遠いのと、そうこうしているうちに、週末の遠征も叶わない状況になってしまったので、その後はリピートできていません。
オンラインオーダーもあるようですが、店頭受け取りなので、しばらくはグッとガマン。

一方で、通い詰めているのが小伝馬町の「123BAGEL(ヒフミベーグル)」。
ベーグルがもっと食べたい!
でも都内の有名なベーグル屋さんは、いずれも営業時間が短かったり、営業日も少なかったり。
どこか平日に行けるところは無いかと探していたら、オフィス近くにあって昼休みに行けるこのお店を発見。

123BAGLEの生地は、島根産コシヒカリ仁多米の米粉と北海道産の小麦粉をブレンドした粉と天然酵母で作られているため、重量感たっぷりで目が詰まっている感じ。
マルイチベーグルよりも、外側がカリッとしていて、かみごたえもある気がします。(私はどちらも甲乙つけがたい。)

訪ねるたび、店頭ケースに並ぶラインナップが違うので、いったい何種類あるのか謎ですが、おおまかにプレーン、スイーツ系、お惣菜系があるようです。
左下から時計まわりに、枝豆ベーコンチーズ、チョコチップ、小倉あん、くるみ&レーズン&フィグ&アプリコット、ハーブソーセージ。

サンドイッチメニューもありますが、いつも私は昼休みに焼きたてを買って持ち帰り、翌朝以降の朝食にしています。
お店のおすすめの方法に従い、ひとつずつラップにくるみ、すぐ食べる分以外は冷凍庫へ。
食べるときには、冷凍したものは解凍し、ラップのまま電子レンジで約20秒温めてからトースターで焼くと、もっちり感が戻って美味しい。
ベーグル以外の冷凍パンも同じ方法で、ちょっと美味しくなります。

さらにこのお店のベーグルの特徴は、みっちりと詰まった具。
写真の左側は小倉あん、右側はハーブソーセージ。
こんなベーグル、見たことがなかったので、これまた今までのベーグルの概念が覆りました。

今も完全テレワークではないので、出勤日の昼休みには、足繁くお店に通っていますが、月に1回ほどオンライン販売もあります。
ただし、届くのがものすごく先。
私は4月中旬くらいにオーダーしましたが、出荷は6月下旬だそうです。
それまでは、毎週お店に通いつつ、のんびりと到着を待ちたいと思います。

そして、週末に外出できるようになったら、マルイチベーグルにも行きたい。
もちろん、ほかのベーグル屋さんにも行きたい!
私は、もっともっとベーグルが食べたいのだ!

宗像堂の天然酵母パン

おこもりネットショッピングの第二弾は「宗像堂」の天然酵母パン。

宗像堂は沖縄にあるパン屋さん。
ミナペルホネンの皆川さんとさまざまなコラボを展開されています。
宗像堂で皆川さんデザインのオリジナルパンバッグを販売していたり、青山のミナのお店「call」で宗像堂のパンを販売していたり。
私もミナを通じて知ることができました。

私にとって、会社帰りにデパ地下でパンを買って帰るのが日々の楽しみだったのですが、今はそれも叶わない。
そこで、以前から気になっていた宗像堂の通販を利用してみました。
注文した翌週の土曜日発送で月曜日に受領、私はギリギリのタイミングで通常便でしたが、これからの時期はクール便で届くようです。

購入したのは、おすすめのパンの詰め合わせが届く「3,000円パンセット」。
詰め合わせの中身はリクエストもOKとのことですが、今回は初オーダーなのでおまかせにしてみました。

全部で9種類のパンの詰め合わせ。

プレーン角食パン1/3。

細バゲット1/2。

ドライトマト&カシューナッツ フォカッチャとくるみカレンズ小。

黒糖シナモンロールとアーサチーズ。

黒糖メロンパンととうま100。

ライ麦カンパーニュ。

すでに賞味期限がせまっていたので、少しだけ残してあとは冷凍庫におさめました。
少しずつ解凍しながら楽しんでいるので、まだ全部は食べきれていませんが、どれもかみごたえのある味わい深いパンでした。
バターやミルクたっぷりの都会のおしゃれなパンとは明らかに違う、自然に育まれた素朴だけど力強いパン、という印象。

私にとって、旅の楽しみのひとつに「現地のパン屋さんでパンを買う」というのがあるのですが、しばらくはこんなふうにお取り寄せを利用しながら、いろいろな土地に想いをはせつつ、楽しみたいと思います。

ANNA SUI×UNIQLO

家にこもっていても物欲は適度にあるので、ポチポチとネットショッピングを楽しんでいます。
先月は、ユニクロでANNA SUI×UNIQLOのワンピースを買いました。
そもそもはソックスが欲しかったのですが、買おうと思った時にはすでに店舗がクローズ。
まぁ、お店が再開してから買えばいいか、とも思ったのですが、ちょうどその頃に発売になったばかりのANNA SUIコラボが恐ろしく可愛かった。
ユニクロだからお値段もお財布にやさしいし。

いや待て、今はワンピースなんか買ったって着ていくところもないし、とちょっとだけ躊躇したのですが、ワンピースとソックスを買えば送料無料!ということで、購入決定。

ワンピースは、パープル、ネイビー、ブラックの3色。
パープルがいかにもANNA SUI!という感じのカラーで迷いましたが、結局は無難なネイビーを。
レビューによるとかなりゆったりで、丈も長めということだったので、通常よりもワンサイズ小さいものをチョイス。
結果的には、おそらくそれで正解だったと思います。

レビューにも書かれていたけど、なぜかモデルさんの身長が180cm超なので、それより30cmも低い私が着たら、写真と別モノになるのは致し方なし。
でも、別モノなりに可愛いかったので大満足です。

ちなみにこちらは、ダンナに「なに買ったの?」と言われた梱包箱の底。
確かに自分でも一瞬「え、なにが届いたんだろう?」と思いました。

この箱、何かを思い出すなぁ、と思ったら「耳なし芳一」だ。

今になって、やっぱりパープルも欲しくなってしまい、悶々と悩み中。
でも、ワンピースやブラウスなどはできるだけ色違いを買わない、というマイルールがあるので、グッとガマンするつもり…です。

ホーム画面用壁紙2020

先日作成した干支壁紙ですが、これをiPhoneのホーム画面に設定すると、当然ながらアイコンが見にくいため、ホーム画面は別の無地に近い壁紙を設定していました。

でもある日、「なんだ、自分で作ればいいんだ!」と思いついたわけです。(遅い…)

ということで、今年は初めておそろいのホーム画面用壁紙も作ってみました。
サンプルはピンクですが、ブルーバージョンもありますので、よろしければセットでお使いください。

なお、この壁紙についても、Plusや最新機種は手元にないため、実機で確認しておりません。また、アイコンの数や位置によっては鳥たちが隠れんぼ状態になってしまうかと思いますが、そのあたりは適宜調整していただけると助かります!

ダウンロードはこちらから

※画像をつまむようにすると視差効果がオフになり、画面幅ぴったりに設定できます。

干支壁紙2020

年が明け、すでに3月も終わりに近づいておりますが、ようやく、毎年恒例スマホ用干支壁紙が完成いたしました。
今年は喪中で年賀状を作らなかったので、過去に描いたねずみイラストの転用で、完全に手抜きです…。

iPhone向けですが、よろしければお使いください。
なお、Plusや最新機種は手元にないため、実機で確認しておりません。
なにか不具合ありましたら、ぜひお知らせください。

※画像をつまむようにすると視差効果がオフになり、画面幅ぴったりに設定できます。

バレンタイン2020

今年のバレンタインも、ダンナに…と言いつつ、自分が欲しいチョコレートを購入。
ちなみに去年のバレンタイン・チョコレートはこちら

バレンタイン直前の2/11は新潟にいたので、新潟伊勢丹のバレンタイン催事場へ。
都内よりは空いているけど、多くの人でにぎわっていました。

せっかくなので、新潟のメーカーのチョコレートをセレクト。
ほのかなのか」はオーガニック材料のお菓子などを販売しています。
生チョコは、純米大吟醸ベースとラム酒ベースがあり、試食時はラム酒はアルコールが若干強いように感じたのですが、帰宅して食べてみたら、中にラムレーズンが入っていて、バランスがちょうどよかった。
ふらっと買ったわりには、過去に食べた生チョコの中でもベスト1じゃないかと思うくらい、美味しい生チョコでした。

他に買ったもの。
左は同じく「ほのかなのか」、右は「BENOIT NIHANT(ブノワ・ニアン)」。
「ブノワ・ニアン」は一昨年ベルギーに行ったときにリエージュの本店を訪問、カフェでお茶をしてお土産を買ったチョコレートブランド。
まだ日本には実店舗がないようですが、ブノワさんは「サロンデュショコラ」出展のため、何度か来日されています。
元エンジニア、というのも興味深い。

「ほのかなのか」は、りんごとラムレーズン のチョコレート&アーモンドオランジェット、「ブノワ・ニアン」はベルギーで買ったときも決して安くはなかったけど、日本ではかなりお高かったので、3個入りアソート。

今年もほぼ私が楽しんだ気がするけど、もはやバレンタインはこれでよいのではー。

2019年→2020年

1週間ほど前に、ブログに「引越し(おおむね)完了」と投稿したものの、その後ちょっとした不具合が見つかったり、どうでもいい細かい箇所を手直ししたくなってみたり。

「WordPressなら何でもできる」というのは、それは終わりのない旅であり、サクラダ・ファミリアみたいになかなか完成が見えない。(レベル違うけど)
キリがないので、以下については少しずつ対応していきます。

 ・ブログ内の過去記事へのリンク切れ修正、画像抜け確認
 ・写真はあるのに、サボって書かなかったブログの投稿(今さらだけど)
 ・書き途中で下書き保存したままのブログの完成(これも今さらだけど)
 ・WordPressによるサイト制作&ブログ引越し過程についてまとめる
 ・追加のプラグインとか、SEOとか、CSSとか、UIとか検討

喪中のため、今年は新年あいさつ&決意表明を省きましたが、ホームグラウンドも整ったことだし、このタイミングで2019年の振り返りと、2020年の目標を。
ちなみに2019年の目標はこちら

2019年は、なかなか大変な1年でした。特に後半が。
相次いで近親者を亡くすと、かくも喪失感を味わうことになるのかと、まぁ、こればっかりはなってみないとわかりません。

そんなこと言いながら、ライブにはちゃんと行ってたりします。
2014年27本、2015年22本、2016年20本、2017年は23本、2018年は14本、そして2019年は20本でした。(増えてるし!)
またしても転職直後で有休がなく、遠征は控えたはずなのにおかしいなぁ。

どのライブも楽しかったけど、やっぱりサカナクションの暗闇ライブは、今まで体験したことがない、という点では圧巻だった。
自分の手のひらすら見えない暗闇で、ただ聴くことだけに集中する時間。
そして、アーティストの姿も見えないライブなんて、この先も無いだろうなぁ。
(ステージが遠すぎて、もしくは前の人の背が高すぎて見えないことはよくあるけど)

映画のほうは、2014年16本、2015年19本、2016年17本、2017年は26本、2018年は25本、2019年は20本。
独断と偏見による2019年ベストムービーは「THE GUILTY/ギルティ」(Sound注意)です。

そして2020年は、すでに12分の1が終わり、近所の河内桜も咲き始めたけど、今年も引き続き、ライブも映画も行けるだけ行きたい。
楽しい!すごい!面白い!…そんなインプットはたくさんあったほうがいいから。

断捨離は、毎年目標に掲げているのに、部屋も身体もちっともスリム化しない。
だけど、今年もしつこく掲げます。

ブログについては、せっかく引越ししたので、もっと更新したいです。
あとWordPressについてもっと勉強したいし、そもそも冒頭に掲げた仕掛かり事項は、達成必須の目標とします。(自信ないけど)

とにもかくにも身体が資本。
去年も言ってるけど、今年も心身ともに健やかでありたいです。