洗濯乾燥機が家にやってきた

外出からもどったら、先日購入した洗濯乾燥機が届いていた。
前の洗濯機は、買ってから3年くらいしかたっていなかったのだが、思えばだいぶ問題がある子だった。


前の洗濯機は洗濯にを使うんですよ。(イオン洗浄って言うのかな。)
ところが、塩の補填がけっこうめんどくさい上に、塩挿入ボックスの目が詰まって、まわりに塩がふきこぼれるわ、さらにこれが固まって塩のカタマリだらけになるわ。
あまりに被害甚大で、途中からイオン洗浄はやめました。

そうかと思えば、毎度、洗濯のたびに途中でドラムの回転が止まるようになり、都度ブザー音が鳴るように。
そのたびに、かけ寄って手でドラムを回してあげないとダメなので、タイマー洗濯なんかゼッタイできない。

さらには、せっかく手を貸して回してあげたのに、何を勘違いしたのか、そこから時間計算をしなおし、残り時間がドッと増えたりする。
出かける間際に洗濯したりすると、たいてい干す時間がなくなってしまう。

そんなわけで、このたびの購入に至りました。
いまどきは、洗濯機ではなく洗濯乾燥機が主流なんですね。
家電店で時代の流れを感じました。

ダンナが熟考の上、セレクトしたのがこの洗濯乾燥機。
スタンダードモデルは白なのですが、わが家の洗面所の床と壁の色を考慮して、注文生産品の黄色にしました。
ちょっとバカっぽいかしら?と思ったけど、なかなかマッチしていい感じ。
かわいくてお洗濯が好きになりそう~とまでは、うーんどうだろう…。

でも少なくともこれで洗濯から乾燥までできちゃうわけで、だいぶ手間は省ける。
ダンナはなぜか喜びいさんで、もう2回も洗濯したらしい。
「ほらほら、乾燥かけてもやわらかくてスゴイでしょ~」
とやたら嬉しそうだ。

だけど、スゴイのはアンタじゃないし、さらに洗濯モノたたんでしまうのは私なんだよね。
アンタ何もしてないですから~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。