花よりもなほ

今年28本目の映画「花よりもなほ」を友人と見に行った。

仇討ちの話だけど、斬り合うシーンはまったくない。
血も(ほとんど)飛ばない。

でも江戸時代の貧乏長屋に住む人々を生き生きと描いたこの群像劇は、時代劇が好きな人もキライな人も、おそらく誰もが楽しめるのではないかと思う。
まさに是枝監督自身が目指したとおりのエンターテインメント作品という感じ。

岡田君演じる主人公・宗左衛門はもちろんよいのだけど、彼を取り巻く登場人物もかなりよい。
演じている俳優陣が多彩なのもすごいけど、さらに一人一人の性格やエピソードがしっかりしていて、キャラクターが確立されているので、見ていても分かりやすいし、それがテンポのよさにもつながる。

ファンのひいきめもあると思うけど、岡田君はよかったなぁ。
「フライ、ダディ、フライ」の時と同様、パンフレットや雑誌のインタビュー等を読むとよく分かるが、この人の演技に対する姿勢はほんとにスバラシイと思う。
今回も、長屋に住む武士の放つちょっとした違和感だとか、体の重心をどこに置くかとか、刀を見せることの意味だとか、私が何気なく見ていたシーンも、かなり計算しつくされている。
役になりきるために、自分なりに悩みに悩んで、その中からオリジナルの解を得ていく様は、ちょっと宗左衛門に通ずるところがあるのかも。

新聞か何かで読んだのだが、是枝監督は敵討ちをしたくないという主人公の考えには、9・11以降、世界に広がった復讐や憎しみの連鎖を断ち切りたいという思いをこめたとか。
これもパンフレットを読むとよく分かるけど、是枝監督もかなり緻密に計算しながら、脚本・監督をこなしている。

だからこそ見終わったとき、ほのぼのした気分になると同時に、人間誰しもネガティブな感情を抱える時があるけど、ただ衝動のままに行動するんじゃなくて、それを受け入れてポジティブな感情や行動に変えていくこともできる…そんなメッセージ性も強く感じた気がする。

花よりもなほ” への6件のフィードバック

  1. みぃな のコメント:

    おぉー。「花よりもなほ」観に行かれたんですね。
    ほのぼのした気分になれていい映画でしたよねー。
    私もひいきめかもしれないけど、岡田君演技上手いですよね。
    子供を見つめる顔も優しそうだし。
    最後の笑顔にまたやられました(^^)

  2. まきまき のコメント:

    {るりばな}みぃなさん
    うんうん、よい映画でした。
    岡田君は天性というよりは、むしろ熟考しながら演技する俳優さんだな、と思います。
    本屋で立ち読みしたビジュアルブックに掲載されてた絵コンテもちょっと興味深かったです。

  3. みぃな のコメント:

    ほんとそうですね~。努力の人っぽい。
    ビジュアルブック知らなかった。今度立ち読みしてみますね。

  4. まきまき のコメント:

    {るりばな}みぃなさん
    次は、ワールドシリーズですね。
    ぶっさん、楽しみ!
    あ、声だけならゲト戦記もあるんだっけ。
    でも、やっぱり顔を一緒に拝みたいのよね。

  5. みぃな のコメント:

    ワールドシリーズ楽しみですよね♪
    バンビも素敵だし。
    そうですよ~。ゲド戦記ありますよ。
    でも声もいいですよねー。
    いちお観に行くつもりでーす。

  6. まきまき のコメント:

    {るりばな}みぃなさん
    バンビといえば、「ハチクロ」も公開ですね。
    私はコミック読んでいないのですが。
    あ、自分の間違い発見。
    ×ゲト → ○ゲド
    そうそう、岡田君は声もステキです{ラブラブ}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。