ウルトラミラクルラブストーリー

今日は、会社を午後半休してハローワークへ。
職探しに…ではなくて、教育訓練給付金の申請のために。

英会話の最終レッスンから1ヶ月以内に申請しないと、
給付金は受け取れないので、今日はかなりギリギリのタイミング。
何か書類に不備があったらどうしよう…と心配するも
あっさり手続きは完了。

時間があったので、映画を見ることにした。
何を見ようかちょっと迷ったけど、気になっていた
「ウルトラミラクルラブストーリー」を見に行った。
今年13本目の映画。

前にも書いたけど、私はけっこう麻生久美子が好きだ。
松山ケンイチも映画「人のセックスを笑うな」はよかったので、
期待しつつも、確かに前評判を読んでの一抹の不安はあった。

うーん。
理解できないのは私の感性が若くないのか。
監督さん、若い女性だからねぇ。

とにかく「一風変わった青年」と書けば聞こえはいいが、
松ケン演じる主人公の陽人は、私には単なるあぶない人にしか
見えなかった…。

なんだろう、完全に非現実的ならまだしも、
もしかしたら、こういう人いるかも…っていう妙に現実味を
帯びてる部分があって、だからこそ、お話の中での出来事と
割り切って見ることができなかった気がする。

ラストも衝撃的というか、端的に言えば、ちょっとグロ。

松ケン狙いで見に行った女の子は、この映画見てどう思うんだろう。
まぁ、若い子の感性だと受け入れられるのかな。

しかし、字幕なしの青森弁は、一瞬戸惑います…。
何言ってるかは、なんとなく分かるけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。